ホーム » コラム » アイクリームの人気商品を買ってみたので効果を紹介

アイクリームの人気商品を買ってみたので効果を紹介

30代を越えて歳をとると目の周りの筋肉の力が弱まり、目尻が垂れるのが一般的です。理由は、目の筋肉と言われる表情筋が衰えるからなのです。特に最近はパソコンやスマホの流行により、目を使いすぎてしまうことが増えてきました。

長い時間画面を眺めるときには、たまに遠くにある緑を見て休憩しましょう。

他にも酷使した目の回復のため、入浴の時に目の付近を温めたりマッサージすることです。目は温める方が疲れが取れるのでぜひお試しください。

眼精疲労の原因は、PCやスマホ等のLEDディスプレイから流れるブルーライトが原因で、スマホが浸透したことで、若年層でも眼精疲労を訴える人も増えているとよく耳にします。

簡単な対処法として「ブルーライトカットフィルター」を画面に貼り「pcメガネ」を掛ける事で対策する事ができます。私自身以前は眼精疲労に悩んでいましたが、2つのことを行ってから症状が和らぎました。いちど試してみてください。

眼精疲労では重症な症状の肩こり、頭痛、吐き気から、疲れ目やぼやけ、かすみなど軽いものまでありますが、ほとんどのドライアイが原因のもの以外は、首や肩の血流が悪く、重い頭を支えてる筋肉の緊張によって特に肩甲骨周りの筋肉の緊張は肩甲骨周りのストレッチは大事です。
肩甲骨を回して、硬くなった首の周りの筋肉と血流を肩甲骨を回し、首周辺の凝り固まった筋肉と血液の血流を浴することが大事です。視力低下は、遺伝もあると聞いたことがあります。

両親が近眼なこともあり中学からだんだん視力が悪くなり始め、現在は視力検査ではカードを持った看護士が計測してくれています。”0.0いくつ”の世界なんです。


今より悪くならないために、休憩時に遠くの山を見るようにしたり、ホットアイマスクをして目の疲労を取り除き筋肉をマッサージするなどのケアをしています。
現状維持という感じですが、疲れにくくなったように感じます。

パソコンやスマートフォン、手軽にコンタクトも買えるために誤った使用で眼精疲労だけでなく眼精疲労やその他の目の疾患に悩む人も多いようです。

特にPC作業による眼精疲労対策には、1時間に10分は目を休ませたりアイマスク(温)で血行を良くして目を休めましょう。また、スマホなどの画面から出る光は脳を活性化させてしまうため、寝る前まで見ると覚醒し眠りの妨げになります。

空いた時間で目のストレッチもより効果的です。目が見えないというのはとても困りますが知人に白内障の患者がいます。私も以前、落ちてきたはさみか何かに当たって目を怪我してしまい、一定の間眼帯をしていたことがあります。

そんな状態になりたくないので日頃から注意しておく必要があります。

例えば、危険なものは高い場所にはおかないことや、置き方には気を付ける目を使いすぎないように休憩をとることも良いですね。
現代はドラッグストアやインターネットを利用し安易にコンタクトレンズも手に入る時代です。その為に間違った使用方法により目の病気になってしまう人たちが増えていますね。

スマホやパソコンの長時間作業で眼精疲労やドライアイの方も急に増えてきました。近くを見つめすぎると筋肉が緊張し近視にも繋がります。

1時間に10分程度は目を休憩させ、眼球のストレッチで血流を良くすると軽減されますよ!また、蒸しタオルなどで目を温めて血行をよくするのもとても効果的です。最近は良くスマホ使うようになり、長時間ゲームなどで触っていると目がショボショボしてくる症状がこの症状が眼精疲労だとこの前知りました。眼精疲労から肩こりや頭痛につながってしまうようです。

目が疲れた時の対処法として、対策方法として自分はツボを押すようにしています。ツボの名称は晴明と言い、目頭と鼻の先の間を押さえると、効果が一番に感じられて、目の疲れをなくすことができます。
最近、若い女性のメイクアイテムとして欠かせない物がカラーコンタクトです。
派手なメイクだけではなく、ナチュラルなメイクにも今やカラーコンタクトは必須アイテム。カラーコンタクトをする上で一番気になるのが目の乾燥。

通常のコンタクトよりもレンズが厚く酸素透過率が悪いため、装着時間は必ず守りましょう。

もともと視力が悪くない方でも使用することがあるので、メンテナンスの知識がなく、不衛生な管理によって結膜炎などを発症することもあります。

使用前に説明書をよく読み、使う事が望ましいアイテムです。
私の職業はトラックドライバーですが、明らかに20代のころと今とでは目の見え方が全然違います。
20代のころは遠くの看板でも見ることができましたが、今は遠くのものがぼんやりとしか見えずそれなりに近づいて来ないと見えなくなりました。
その為、運転中は目が疲弊します。目の疲れ予防策として、休憩や荷物待ちの時間に「温かくアイマスク」を使用してします。

これが疲れ目に効き、気もち良くなります。
アイクリームでくま予防