ホーム » コラム » 赤ちゃんのモデルさんが撮影してる現場に遭遇した

赤ちゃんのモデルさんが撮影してる現場に遭遇した

妊娠している間はなぜか甘味が欲しくなります。実際、妊娠前は欲しいと感じなかったチョコレートやキャンディが毎日のように食べたくなりました。ただ体重管理も必要です。太らないように少し歩いたうえで食べるように心がけていました。体重維持と安産を実現するために毎日目標一万歩歩いていました。

しかし、歩きすぎるのも早産などの可能性を高めるため、ほどほどにしましょう。妊娠の35週目に入ると、妊娠後期も半ばを過ぎのこり1カ月で出産となるタイミングです。
また、妊娠初期から身体は妊娠を安全に成長させられるよう制御されていましたが、今後は出産に対応できるよう、徐々に変化していく時期になっています。
それだけ身体に無理をかけてしまうと早産の可能性も高くなります。初めて妊娠を知った時、嬉しくてそのまますぐに仕事を辞めました。退職したのはいいが、暇な毎日を過ごすことになりました。

どうしようもなく友人たちと外食ばかりして気づけば出費が増え、体重が急に増えすぎと、検診で注意を受けました。
つわりも重くなく普段通りの生活ができたので、程よく仕事をしつつ妊娠ライフを過ごすべきだったと思いました。
妊娠期間中は身体に負担をかけないように身の回りの人に助けてもらいながらマイペースに過ごしてほしいです。
家の事に尽力しすぎるとお腹の辺りに緊張が走ったり仕事をがんばりすぎると体調をくずしてしまったり、メンタル面にもその影響が出てきます。食事はつわりでひどいときには食べられるものを食べ、後ろめたさを感じないようにしてほしいです。わたしはつわりが大変でしたが、葉酸を含んでいるサプリは、気合を入れて少し取り入れるように意識しました。

妊娠希望なら、まず毎朝、基礎体温を測り、自分の月経サイクルを知る事が必要です。

排卵日あたりに合わせて夫婦生活をすることで、通常よりも赤ちゃんを授かりやすくなります。ある期間実践しても授からない時には、ご主人とよく相談した上で、妊娠可能な体でお互いあるのか、赤ちゃんができない原因となるものはないか。

それを病院でちゃんと調べて解決策を見つけるのも一つですね。
妊娠23週で子宮頚無力症との診断を受け、翌週にシロッカー手術をして自宅安静のまま34週目に入りました。正産期までは3週間程ありますが胎児も2000グラムとすくすくと育ってくれて早産の可能性はまだ残るものの、産休に入り、穏やかに日々を送っています。いろいろ調べていると同じように早産や子宮頸管を縫宿する手術をされた方のお話で励まされています。このまま何事も無く元気な赤ちゃんを出産できるよう、残り一カ月弱の妊娠生活を満喫したいと思います。妊娠をすること、それは改めてまさに奇跡なんだと思いました。これまでに二人の子供に恵まれているのですが、幸いどちらも妊娠したいと思って間もなく授かり、自然妊娠でした。

これは、決して当たり前ではないと思っています。

妊娠してから出産するまで、人それぞれですが、私もつわりを経験し、また、体質によるものと言われましたが、赤ちゃんがとても小さく、安静にしておかねばならず、毎日不安でした。

妊娠したから万事順調、ではなく、無事に産まれるまで安心はできないかな、と思っています。妊娠中はどうしても甘いものが欲しくなります。
実際、妊娠前は欲しいと感じなかった大福やあんみつが常に欲しくなりました。ただ、体重もちゃんと管理する必要があります。太らないようにウォーキングをしたら食べるようにしていました。体重維持と安産を実現するために毎日目標一万歩を守って歩いていました。

しかし過度な運動も逆に早産などのリスクを高めるため、無理は禁物です。友人からのアドバイスで妊娠したら妊娠線というものが出ると聞き、怖くなり調べてみました。
保湿がいいということがわかり、安定期を過ぎた頃から毎日保湿クリームを塗り続けていました。

一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。

最終的にいくつのボディクリームを使い切ったものやら…。
自分の好きな香りのボディクリームを使い、リラックスすることもできました。そのおかげか、二人出産したにもかかわらず妊娠線は出ていません。赤ちゃんモデル募集

妊娠はとても素晴らしいことだと思います。
赤ちゃんができたということは何より喜ばしいことだと思います。妊婦検診では超音波検査をしますよね。赤ちゃんが順調に育っているかを診るものですが、赤ちゃんの性別を知ることもできます。

赤ちゃんが男の子、女の子どちらか気になる人も多いでしょう。希望していた方の性別とは異なっていても残念に思うことはありません。
産まれてくる子は間違いなく世界一可愛い子です。